スタッフ・ブログ

2017年10月10日より、
御坊市ファミリー・サポート・センターの
サポートがご利用できます。
※サポートの前には、事前打ち合わせが必要です。

10月10日以降で、急ぎサポートが必要な方や、
サポートをご希望される方は、
9月下旬頃から事前打合せが可能です。

事前打ち合わせの日程調整にお時間をいただきますので、
早目のご登録をお勧めします。

また、今すぐにサポートのご利用予定がない方も、
お守り代わりとして、ご登録をお勧めしています。

毎週火曜10:00〜15:00、御坊福祉センター1階にて
利用会員入会登録(登録無料)を受け付けておりますので、
ぜひお越しください。
または下記へお問合せください。

【お問い合わせ先】御坊市社会福祉課(電話0738-23-5508)

***
利用会員入会登録は、お子さま連れでなくて構いません。
(入会登録希望の大人のみの来所でOKです)

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)


御坊にお住まいの皆様、お待たせいたしました!

御坊市ファミリー・サポート・センターが、
2017年10月 スタートします。(10月10日開所予定)

それに先駆け、6月から7月にかけて御坊市で
『スタッフ会員になるための研修会』を開催いたします。

詳細は案内画像をご覧ください。
関心のある方にお知らせいただけますと幸いです。

お問い合わせは、御坊市社会福祉課(電話0738-23-5508)まで。

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)

H29年度の いわで・きのかわファミリー・サポート・センター「スタッフ会員になるための研修会」を開催します。
研修会を受講すると、「そらまめサポート」のスタッフ会員として活動できます。


○今年度から、参加費が【無料】になりました!

・場 所:岩出市総合保健福祉センター あいあいセンター 
・日 時: 受付は全日9:45〜
 @平成29年5月20日(土) 10:00〜15:00
 A  〃   5月27日(土) 10:00〜15:00
 B  〃   6月3日(土) 10:00〜15:00
 C  〃   6月10日(土) 10:00〜15:00
 D  〃   6月17日(土) 10:00〜15:10
 E  〃   6月24日(土) 10:00〜15:00

・受講対象者:岩出市、紀の川市周辺の一時保育経験者、保育士・看護士、ヘルパー等の有資格者、または子育て経験のある方
・定員:30名(定員になり次第締め切ります)
・参加費:無料
・一時保育:無料、予約制、定員あり、詳細はお問い合わせください。
・受講には申し込みが必要です。(電話・FAX・メールでの申し込み可能)

☆講座は全受講が原則ですが、一部受講や再受講も可能です。また育児中の方の一部受講も歓迎します。

※詳しくは画像をご覧下さい。

◆お申込み・お問い合わせ◆
いわで・きのかわ ファミリー・サポート・センター
『そらまめサポート』

〒649-6112 紀の川市桃山町調月347
TEL:0736-60-4337 FAX:0736-60-4338

開所時間/月〜金 9:00〜17:30・土 10:00〜15:00
       (日・祝休み)
mail:isora@comdesign-npo.com

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)

せな
2016年12月05日 20時46分05秒

CSP学齢期版連続講座、田辺市で開催(2017.1)


田辺市で久々の講座開催となりました!
≪申し込み開始は12/12(月)より≫

【ボーイズタウン・コモンセンスペアレンティング(CSP)で育児スキルを学ぼう
〔学齢期版・連続講座〕】

開催日時:2017年
1/24(火)、1/31(火)、2/7(火)、2/14(火)、2/21(火)、3/1(水)
9:30〜11:30 全6回講座

開催場所:田辺市民総合センター 2階 青少年ホール

対象:小中学生の保護者(父母、祖父母、養育者)、
   プログラムに関心のある支援者(原則全6回に参加できる方)

定員:15名(先着順)
参加費:無料
一時保育:無料(予約制、定員有、事前申し込み)

■申込方法■
氏名、住所、電話番号、保育の有無(希望者は子どもの生年月日)を、
電話かFAXでお伝えください。

■お申し込み先■
田辺市子育て推進課 こども家庭係
TEL 0739-26-4927
FAX 0739-26-7750
祝日・年末年始(12/29〜1/3)を除く平日8:30〜17:15

(共催)和歌山県・田辺市
(実施団体)NPO法人Com子育て環境デザインルーム

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)

せな
2016年09月19日 14時50分26秒

CSP紹介講座、田辺市で開催(2016.11)


申込受付はまだですが、詳細が決まりましたのでお知らせいたします。

田辺市で、開催!
【ボーイズタウン コモンセンスペアレンティング(CSP)紹介講座】

開催日時:2016年11月19日(土) 9:30〜12:00
開催場所:田辺市 三栖コミュニティセンター
対象:小・中学生の保護者
定員:30名
参加費:無料
一時保育:500円(予約制・定員あり・予約制)

■お申し込み先■
田辺市子育て推進課まで
電話かFAXでお申込みください。
※申込開始は、10月11日です。

共催:和歌山県、田辺市
実施団体:NPO法人Com子育て環境デザインルーム

詳細は画像案内をご覧ください。

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)


御坊市で始まるファミリー・サポート・センターの「スタッフ会員になるための研修会」を開催します。
紀中で始まるファミリー・サポート、新たな支援が期待できます。

お問い合わせは、御坊市社会福祉課まで。

詳細は案内画像をご覧ください。

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
5月15日の子育てフォーラム「まちの子育てがまちの未来をつなぐ」の終了報告です。

急な開催、そして様々なイベントが開催されていた日曜日にも関わらず、60名を超えるご参加を頂きました。
行政の方、子育て支援に携わっている方、一般の保護者の方。職種を超えた方々にお集まりいただき、子育て支援について学び、考える事の出来た貴重な時間となり、本当に感謝申し上げます。

トップバッターはNPO法人きずなメール・プロジェクトの代表大島氏。妊娠期からママを支えるきずなメールの内容に、みなさん驚きだったようです。是非和歌山県でも取り入れてほしいと、参加者の中からも声が上がっていました。
余談ですが、大島氏は当日を挟んで2泊の予定でしたので、初日は白浜で、2日目は田辺で地元料理を楽しまれたようです。また、次は導入へ一歩進んでお会いできることを願います。

2番目は私ども団体の理事長、松本千賀子。過去約10年ママたちに寄り添い、子育て講座を開催してきた経験から、ママたちを支える事がいかに未来を支える事であるか。それがみなさんに伝わっていたら、私どももうれしいところです。

3番目は和歌山県子ども未来課の松下氏。県内の状況をさまざまな数字と併せて報告くださいました。各市町村の方々が同じ場所で県の方の報告を聞く機会は、実はあるようでないのかもしれません。各地の現状に刺激を受けてくださった市町村の方々も多かったのではないでしょうか。松下氏は本当に気さくな方で、終盤の意見交換で参加の色々な方々からの要望にも耳を傾けて下さり、この日はお一人で県を背負われているような、そんな場面もありました。

4番目は私ども団体の理事もしてくださっている、和歌山大学の教授米澤氏。愛着形成の講義をしてくださり、本当に興味深く、昼食後の眠さもわすれ皆さん聞かれていました。米澤先生のお話しは私たちはよく聞かせて頂くのですが、いつもなるほど・・とお腹に落ちる内容です。もし、まだ聞かれた事のない方はぜひ一度聞いて頂きたいです。

そして、そこからいくつかのグループに分かれ、各自の立場での今の課題や、今後への提案を話し合っていただきました。今回のフォーラムの締めくくりはやはりこれでしょう!地域、職種を超えた方々でグループでの話し合いができたことが何よりの1日の成果です。

内容はここに書き尽くせられませんが、私たちが今まで歯がゆく思っていたことを、行政の方も思っておられたことに、和歌山の未来は明るいかもしれない・・と思わずにいられない内容でした。

米澤先生が最後今回のフォーラムは「つなぐ」という言葉がキーワードとおっしゃっていました。
未来へつなぐために、それぞれがつなぎ役を担っていけたらと思います。

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)

5月15日(日)に和歌山県田辺市のBigu(和歌山県立情報交流センター)研修室@にて、子育て支援フォーラム「まちの子育てがまちの未来をつなぐ」〜これからのまちの子育てに必要な支援をみんなで考える1日〜 を開催します。

育児支援への期待が高まりをみせている中、それぞれのまちで、これからどんな具体的支援が必要なのか。県内の支援状況を確認し、まちがこれからの子育てをどう支えてゆくかを考える1日。

まちの状況や、これからの支援につながる事業を知り、これからのまちに大切なことを学び、まちがこれからの子育てをどう支えてゆくか、正しい方向性と実現の可能性を考えたいと思います。

育児者、支援者、支援施策を考える人、支援提案をするまちの人が同じテーブルで話し合い、具体的で役に立つ育児支援の実現につなぐことをめざすフォーラムです。

ぜひ、多くの方にご参加いただきたいと思います。
また、関心のある方にお伝えいただけましたら幸いです。
------------------------------------------

●日時:2016年5月15日(日) ビッグユー研修室@   9:50〜16:00

●内容
― 午前の部 ―
09:50〜10:00  開会(主催者、参加者代表あいさつ)
10:00〜10:50 「妊娠期からのきれめのない支援でお母さんの孤立を防ぐ【きずなメール】」きずなメール代表・大島由起雄氏
11:00〜11:50 「乳児期から思春期のきれめのない支援を支える親プログラムの活用」コムデザイン代表・松本千賀子氏
11:50〜12:10 「子育て支援事業の県内実施状況について」和歌山県子ども未来課 
― 午後の部 ―
13:00〜13:50 「愛着形成を支えるまちの育児支援のあり方」和歌山大学・米澤好史教授
14:00〜14:50 グループ討議
15:00〜15:50 グループ討議発表および意見交換  コーディネーター:米澤教授
15:50〜16:00 閉会(主催者、参加者代表あいさつ)
― フォーラム終了 ―
16:00(終了後)〜 きずなメール、プログラム導入について相談会
17:00〜 懇親会(費用別)

●参加対象
育児者、育児支援者、教育・福祉関係者、母子保健 関係者、児童養護施設、周産期・小児医療関係者、自治体議員、 メディア関係者、その他一般

●お申込み方法
メールか電話で@氏名A住所B連絡先C所属(あれば)をお知らせください
NPO法人Com子育て環境デザインルーム
0739-26-1609(月〜金10時〜16時、土日祝休み)
com@comdesign-npo.com
※定員あり
※申込締切 5月9日(月)

●参加費 1,000円
(但し、保育を依頼する方は無料)

◆保育について◆
(お申込みは電話にて)
−料金−
午前2時間半 1,200円
午後3時間  1,500円

≪主催(共催)≫
NPO法人Com子育て環境デザインルーム/そらまめ親プログラム連絡会
NPO法人きずなメール・プロジェクト
和歌山児童家庭支援センターきずな

≪協力≫
赤ちゃんとこどものクリニックBe
ちひろ助産院
ママパワー全開プロジェクト
tekuteku NPO法人あったカフェ

≪後援≫
和歌山県 紀の川市 岩出市 有田川町 御坊市 田辺市 上富田町 すさみ町 那智勝浦町 新宮市
(一社)和歌山助産師会 田辺市医師会 藍野大学 (一社)日本ボーイズタウンプログラム振興機構(IBPF Japan) NPO法人こころの子育てインターねっと関西  (株)紀伊民報社

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)

せな
2016年03月07日 21時07分21秒

そらまめひろば(2016年3月13日)開催のお知らせ


だんだんと暖かい日が増えてきた気がする今日この頃。
お出かけしたくなる季節ですね♪

田辺市の和歌山県立情報交流センター Big-uにて
親子であそべる「そらまめひろば」
2016年3月13日(日) に開催します(^^)

主催:ママパワー全開プロジェクト
協力:そらまめhouse

新しく和歌山に来てまだ公園デビューしてない方
4月から新生活をはじめる方
前回の「そらまめひろば」に来てくれた方
初めての方や顔なじみの方、などなど

乳幼児が楽しく遊べるおもちゃを用意しています。
おじいちゃんやおばあちゃん、パパやママと一緒に、
ぜひ遊びにお越しください(^^)

大勢の皆さまに出会えること、
スタッフ一同楽しみに待っています☆

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)

せな
2016年01月08日 12時40分30秒

2016年スタートしました。

いつもご支援ご協力いただき、ありがとうございます。
2016年、本日より当団体主催事業がスタートしました。

本日8日は、CSP幼児版フォローアップ研修。
9日10日は、CSP学齢期版初級指導者養成講座。
そして、11日はCSP幼児版上級指導者資格検定講習。
東京での開催からのスタートとなりました。
2月3月には、勉強会の開催も予定しています。

また、県内いくつかの市町村からは引き続き、親向け支援プログラムの委託、講師派遣の依頼をいただいており、準備を進めています。

それから、グループ保育事業ではいくつか依頼をいただいており、こちらも準備を進めているところです。

あと、子育て中のママ達が主体となり、活動されている団体(ママパワー全開プロジェクト)様主催開催事業の、
「〜親子の絆づくりプログラム〜 赤ちゃんがきた(愛称BPプログラム)」
の応援・協力をさせていただいています。

BPプログラムは、初めてのお子さん(生後2ヶ月〜5ヶ月)を育てているママとお子さんが一緒に参加し、育児の知識を学びながら、参加者同士でいろんな話合いをしていく中で、交流していってもらうプログラムです。
※詳細は、下記案内チラシをご参照ください。
〜親子の絆づくりプログラム〜 赤ちゃんがきた(2016年2月〜3月開催予定)
http://www.kii-kodomo.jp/image/file2/201602_03_BP_bosyu.pdf


当地方の年始は暖かく穏やかな気候でした。
未来を担う子ども達の健やかな成長のため、地域が子育てを支える社会の実現を目指し、本年もしなやかに活動していきたいと思っています。

今後とも、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

せな(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)