ブログ

スキルアップin白浜
2013年10月24日 11時28分53秒


H25.10.23日に白浜でスキルアップ研修会を行いました。
ご参加いただきました皆さん、ありがとうございましたm(__)m

講師には竹中しづ子さんに来て頂きお話をしていただきました。

竹中さんは「しらはま子どもの本の会」の代表でまたこれらを含む紀南地方19サークルで構成される「子どもの本の紀南ネット」の代表をされています。

幼児からお年寄りまで幅広い年齢及び知的障害者の方を対象に読み聞かせスト−リーテリングを通して「子どもの本」や「おはなし」の楽しさ・良さを共に感じ楽しんでもらおうと現在まで27年間「子どもの本」の学習と「おはなし会」を続けられています。

1995年には読書推進運動協議会から優良読書グループとして全国表彰

2005年には子どもの読書活動優良実践団体として文部科学大臣表彰

2013年には、長年にわたり読書推進運動に貢献したとして県内では初めて野間読書推進賞を受賞されました。

竹中さんは「子どもの本を知り、一緒に楽しもうという気持ちで活動している。子どもだけでなく本を楽しむ大人がもっと増えてほしい」お話されていました。

今回はサポート会員を対象ということで初めての子どもさんを預かった時に『何からしゃべったらいいのかわからない』ときなど、きっかけに絵本をよんであげるなどしてはどうでしょう?と

同じ楽しみを共有したことで絆として残ることや『本は楽しむためにある』ことなど沢山の参考になるお話をして頂きました。

本は生きる力を育む為の力になる読書・・・の言葉が印象的でした。
「竹中さんが子育て支援セミナーで紹介して下さった『ほくにげちゃうよ』をストーリーテリングが私は大好きでした」とお伝えするとその場でストーリーテリングで「ぼくにげちゃうよ」をやってくださり「ほっこり」とした気持ちになり勇気をいただきました。

参加者のサポート会員さんも「もっと早くに会ってお話を聞きたかった。自分の子どもにはできなかったけれど孫や地域の子ども達、お預かりした子ども達に今日教えて頂いた事を活かしていきたい」とお話をされていました。

-PS- 案内をいただきましたのでお知らせしますね
しらはま子どもの本の会・白浜町立図書館共催で
11月3日(日)10日(日)午後2時〜 約1時間
白浜町中央公民館 2階会議室
語り手 しらはま子どもの本の会 代表 竹中しづ子

きっずぱーく(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)