HML(ハッピーママライフ)

HML(ハッピーママライフ)

子ども

わたしたちにできること。

寄付をする

ホーム > 活動レポート

活動レポート Report

2020-06-14

グループ活動における新型コロナウイルス感染症対策について


 HMLでは以下の対策を実施しながら、グループ活動を行います。
やれることから、取り組んで参ります。

2020-06-07

HML総会を開催しました。


 手洗い、マスク、換気、パーソナルディスタンスに配慮しつつ、延期になっていた総会を本日開催することができました。総会の中では、CAPの活動における新型コロナウィルス感染症拡大防止の対応策についても意見交換を行いました。後日、グループとしての対策の指針をHPに掲載予定です。こんな時だからこそ、できることを積み重ね、子どもたちの安心、自信、自由の権利を守っていきたいと思います。

2020-02-24

2月23日 チーム紀伊水道さんとの交流会を開催しました。


 チーム紀伊水道さんとの交流会には、「多様な性を理解したい」、「もっとセクシュアルマイノリティの人達の生活や権利と平等が保証される制度、支援が広がって欲しい」そして「性の問題は他人事ではない」という共通の思いを持った方々がたくさん集まってくれました。当事者、支援者の力によって、LGBTやLGBTIといった言葉の認知度も上がり、世の中も少しずつ前進していますが、昨年、国連子どもの権利委員会からの日本への勧告の中では、LGBTIである子どもを含むマイノリティの子どもに対する差別防止の措置の強化が求められています。今日の交流会が日高地方での意識・社会変革に繋がりますように。そして全ての子どもたちの安心、自信、自由に繋がりますように・・・。

2020-02-20

2月20日 山野小学校CAPおとなワークショップを実施しました。


 山野小のみなさん、ありがとうございました。

2020-02-12

2月12日 湯川小母親委員会CAPおとなワークショップを実施しました。

 湯川小母親委員会の皆さん、ありがとうございました。

2019-12-10

12月9日 塩屋小CAP子どもワークショップを実施しました。

塩屋小の皆さん、ありがとうございました。

2019-12-02

12月2日 広小学校CAP子どもワークショップを実施しました。

 広小の皆さんお世話になりました。なお本日のワークはキフパンの寄付を活用させて頂く予定です。ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

2019-11-21

キフパンとともに


 パン・ド・パニエさんは、美味しいパンを通じて社会貢献をすることに力を注がれています。児童虐待防止推進月間中のキフパン販売の他、災害時の備蓄用パンを義援物資として世界の紛争国や国内の被災地に送る「救缶鳥プロジェクト」のアンバサダー店舗にもなっています。「救缶鳥」は栃木県のパンメーカー、潟pン・アキモトさんが製造している備蓄用の缶詰パンで、購入先から賞味期限の1年ほど前に缶詰パンを回収し、紛争地や被災地などに届ける仕組みになっています。私たちが持っているのはアキモトさんが、缶詰パンを完成させるまでの道のりがまとめられた本「世界を救うパンの缶詰」と、本の表紙にも描かれているPANKANです。皆さんぜひ、キフパンとともにパンの缶詰もご購入下さい。

2019-11-19

11月19日キフパン販売中です。


 紀の川市のパン・ド・パニエさんでキフパン販売中です。メロンパンをお買い上げいただくと、売上げの10%がCAP(子どもへの暴力防止)プログラムの普及活動に寄付できる仕組みとなっています。メロンパンを食べて、ちょっといいことことしてみませんか?

2019-11-05

11月5日 野口小学校CAP子どもワークショップを実施しました。

 野口小のみなさん、ありがとうございました。

capwork.png

banner_jimotv1.png

ji-mo-banner.png

blog.png

RSS

最近の記事一覧

スタッフブログ

お問い合わせ

〒644-0012 和歌山県御坊市湯川町小松原210-4

Tel:0738-23-0939

Fax:0738-23-0939

Email:info@happy-mama-life.com

Copyright©2012 - 2013 HML(ハッピーママライフ). All rights reserved.