ブログ

2012年02月23日 19時15分07秒
北公次さん

田辺市が生んだかつてのスーパーアイドルが亡くなりました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000140-jij-soci

言わずと知れたフォーリーブスの一員、
後にはスキャンダルで世間を賑わしましたが、
少ないながら映画にも出演されています。

「悪魔の手毬歌」(1977・日、市川崑監督)も良いのですが、
何と言っても「竜二」(1983・日、川島透監督、金子正次脚本)での子分役でしょう。
今年は「竜二」に関するイベントが少しづつ開催されています。
http://www.ttcg.jp/cineka_omori/topics/detail/11750
映画祭での追悼上映など考えてしまいます。
北さんは脇役ですが、作品自体も日本映画史に残る傑作です。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2012年02月22日 22時33分01秒
第62回ベルリン国際映画祭
映画祭でお世話になっている東京テアトルさまが公開を予定している「かぞくのくに」が国​際芸術映画評論連盟賞を受賞!
http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20120219k0000m040064000c.html
一昨年の田辺・弁慶映画祭を席巻した山田真歩さんも出演しています!

さらには「聴こ​えてる、ふりをしただけ」でジェネレーションKプラス部門審査​員特別賞を受賞された今泉かおり監督は、一昨年の田辺で市民審査賞を受賞された今泉力哉監督の奥さま!こちらも、おめでとう!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00000002-rbb-ent

さあ改めて田辺の皆さん。
「彼らはわしらが育てた!」

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)

この週末から公開となった本年度アカデミー作品賞候補作。
珍しく試写会に当選し、実は先週見ていました。

9.11で父親を失った主人公が、父親の遺した物を捜す旅に出る。
正直オチが極めてアメリカ的な気はしますが、
喪失から立ち直ろうとするという彼の姿には
今の日本人にも共感できるところが多いと思います。
今年の話題作「ヒューゴ〜」や「戦火の馬」も似たようなテーマと言えなくもなく、
ハリウッドでも戦争やテロからの復興がテーマになっているのでしょうか。

本編で使われていた覚えがないのですが、
予告編ではU2の「Where the Streets Have No Name」が使われています。
映画の持つテーマや雰囲気にはピッタリかと。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2012年02月19日 18時45分43秒
第1回海南まちなか映像祭

田辺にも顔を出して下さっている海南市のかよんさん。
地元海南市で映像祭を開催されました。

本日は和歌山県海草郡野上町(現・紀美野町)が生んだ巨匠、
東陽一監督を囲んでの上映会+トークショーが開催されました。

「絵の中のぼくの村」(1996)観賞後、トークショーを挟み、即席のサイン会まで。
田辺・弁慶映画祭のことも話しておきましたが、
何かの拍子に見に来てくれませんかね。

ということで、私もサインをいただきました。
かよんさん、有り難うございました。そしてお疲れさまでした。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2012年02月18日 22時45分55秒
淡島千景さん

先ごろ亡くなられた名女優です。
「渡る世間〜」での姿からもうかがい知れますが、
宝塚歌劇娘役出身の美しい方でした。
写真は森繁久彌と共演した傑作「夫婦善哉」(1955・日)。

娘役と書きましたが、数回男役も演じられたことがあるそうで、
生前の手塚治虫先生は、
「『リボンの騎士』のサファイア姫は淡島さんをモデルにした」と語られたとか。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2012年02月18日 22時31分56秒
映画検定有志による2011年度ベスト10
過去にも掲載しましたが、我らが映画祭のご縁で開催される関係者新年会。
その席では有志投票によるベスト10が発表されます。

今年のベスト10は
@冷たい熱帯魚
Aソーシャル・ネットワーク
Bブラック・スワン
C大鹿村騒動記
Dマネーボール
Eゴーストライター
Fトゥルー・グリット
G英国王のスピーチ
Hヒア アフター
I一枚のハガキ

これらの作品が目利きのお墨付きです。
未見の方はDVDで是非お楽しみ下さい。

なお、この席では併せてワースト10も発表されるのですが、
ここでは内容を伏せさせていただきます。
結構ワーストの方が盛り上がっていたりするのですが。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2012年02月12日 22時24分13秒
その後の沖田修一監督
http://mican.kiilife.jp/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=13233
「キツツキと雨」が早くの評判の沖田修一監督。
もう次回作のニュースです。
http://eiga.com/news/20120209/2/
「悪人」の吉田修一氏原作、高良健吾さんと吉高由里子さんが「蛇にピアス」(2008)以来の共演と、今回も話題になること間違いなし。

では映画祭関係者の皆さんご一緒に。
「沖田はわしらが育てた!」

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2012年02月12日 22時12分05秒
ホイットニー・ヒューストン

自分の青春時代を彩ったスターが
亡くなり始めたと書いたのは2か月ほど前でしたが、
今度も私の世代にとっては衝撃的なニュースでした。

ローリング・ストーン誌の「ポップ・ゴスペル」という表現が正に言いえて妙。
ディーヴァという表現もこの人から本格的に使われだしたように思われます。

映画界での功績としては、
名優フォレスト・ウィテカーの監督作品「ため息つかせて」(1995・米)や、
これまた名優デンゼル・ワシントントンとの共演作「天使の贈りもの」(1996・米)
もなかなかの佳作ですが、何といってもあの「ボディガード」(1992・米)。

そういえばあの頃結婚式で死ぬほど聴かされた同作の主題歌
「I WILL ALWAYS LOVE YOU」は別れの曲なのですよね。
R.I.P.

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2012年01月28日 20時16分38秒
第84回アカデミー賞ノミネート

何だかんだで今年も世界の映画ファンが注目するこの季節です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120124-00000036-mvwalk-movi

前評判がさほどだったとはいえ、やはりディカプリオの主演男優賞落選は気になるところ。
「タイタニック」(1997・米)、「ギャング・オブ・ニューヨーク」(2002・米)でも
ノミネート漏れを経験している彼。
実は演技派スターである彼の場合、
少々の名演では選ばれないのかも知れません。

作品賞は巨匠スコセッシ監督初の3D映画「ヒューゴの不思議な発明」と
仏の白黒無声映画「アーティスト」の一騎打ちでしょうか。
一見対照的な両作品ですが、
どちらも旧き良き映画への愛情にあふれる作品との評判です。

短編ドキュメンタリー部門では東日本大震災を題材にした「津波そして桜」がノミネート。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120125-00000033-mai-int
いつぞやの駄作と違って、正しい日本の姿を温かく描いてくれていますように。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2012年01月28日 19時44分44秒
石岡瑛子氏

日本が世界に誇る芸術家が亡くなられました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120127-00000014-eiga-movi

F・コッポラ監督「ドラキュラ」の衣裳デザインでアカデミー賞を受賞。
M・デイヴィス演奏「TUTU」のジャケットデザインでグラミー賞を受賞。
北京五輪開会式の衣裳デザインも担当。
以前書いた三島由紀夫を描いたこの作品の美術も氏によるものです。
http://mican.kiilife.jp/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=10192&comment_count=0

NYタイムスの記事では「Multifaceted Designer」との記載表現されていました。
「Multifaceted」=「多面的な」
まさにそのとおりです。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)

・第8回 田辺・弁慶映画祭開催告知!?
(2014年01月30日 17時40分55秒)
・第6回ちば映画祭にて田崎恵美監督の3作品上映!
(2014年01月08日 10時52分37秒)
・12/25毎日新聞(東京本社)夕刊に「田辺・弁慶映画祭」の文字!!
(2013年12月26日 08時34分11秒)
・『シミラー バット ディファレント』
(2013年12月16日 14時07分58秒)
・『乙女のレシピ』大阪公開舞台挨拶に大森監督がゲスト出演!
(2013年12月16日 13時48分23秒)
・福井映画祭
(2013年11月29日 14時36分03秒)
・ちちぶ映画祭
(2013年11月29日 14時21分10秒)
・『Heart Beat』上映情報
(2013年11月26日 16時57分07秒)
・『ジ、エクストリーム、スキヤキ』
(2013年11月22日 17時02分11秒)
・TAMA CINEMA FORUM 
(2013年11月20日 13時25分56秒)
・FM Tanabe 監督出演
(2013年11月18日 14時07分14秒)
・サーカス サーカス
(2013年11月15日 15時16分16秒)
・和歌山放送ラジオ 頃安監督&掛尾特別審査員長インタビュー
(2013年11月14日 10時34分09秒)
・和歌山放送ラジオ 『家族の風景』佐近圭太郎監督
(2013年11月07日 16時28分22秒)
・和歌山放送ラジオ 『あの娘、早くババアになればいいのに』頃安祐良監督
(2013年11月07日 16時26分59秒)
・和歌山放送ラジオ 『マイ・ツイート・メモリー』松本卓也監督
(2013年11月06日 11時44分59秒)
・和歌山放送ラジオ 『反駁』伊之沙紀監督
(2013年10月30日 17時23分22秒)
・和歌山放送ラジオ 『Dressing UP』 安川有果監督
(2013年10月24日 15時52分53秒)
・和歌山放送ラジオ 『ヒゲとりぼん』 片岡 翔監督
(2013年10月23日 11時51分43秒)
・和歌山放送ラジオ 『scratch』 永野義弘監督 
(2013年10月22日 17時36分52秒)