ブログ

2013年11月18日 14時07分14秒
FM Tanabe 監督出演

11月10日表彰式の受賞作品発表前に、入選監督8人にFM TANABEにご出演いただきました。その模様をレポートしたいと思います。

まずは監督8人それぞれの自己紹介をどうぞ。
『家族の風景』という映画を監督した佐近圭太郎と申します。
田辺に来たのは初めてだったんですけれども、本当に食べ物がおいしい町だなと思って感動しました。三軒茶屋さんの梅こぶそばを食べに行ってきたんですけれども、古いメニューを見て行って今はやっていないらしいんですけど、特別に梅こぶそばを作っていただけて、それを食べてもうおいしくて感動しました。

『マイ・ツイート・メモリー』を監督させていただきました松本卓也と申します。
お願いします。

『ヒゲとりぼん』という映画を監督しました片岡と申します。
田辺初めてきたんですけれども、まず白浜空港から車からの景色がきれいでものすごく印象的で、海も見たんですけれども水がとてもきれいでステキな町だと思いました。梅こぶうどんもおいしかったです。また、食べたいですね。

『大童貞の大冒険』って言う映画を監督しました二宮健って言います。

『Dressing UP』という映画を監督しました安川有果といいます。田辺市の印象なんですけれども、上映する文化会館から海も山も見えて、その風景がとてもいいなと思って、私が奈良育ちで盆地の生まれなので、異常に海に興奮してしまって初日は海を散歩してました。梅こぶそばおいしかったです。

『scratch』という作品を監督しました永野義弘といいます。まず、田辺に来て一番印象深かったのが、田辺市自体がこの映画祭をすごい盛り上げてるなとポスターがあったり、旗があったり、この田辺・弁慶映画祭僕も初めてなんですけれども、町全体が映画祭を盛り上げようとしているというのが、すごい印象的でした。

『反駁』という作品を監督させていただきました伊之沙紀と申します。私も田辺初めてなんですけれども、海がすごいきれいだなと思いまして、車の中から海が見えていて、会場の控室からも海が見渡せていて、それがすごいきれいだなと思っていて、海と梅こぶうどん絶対食べて帰りたいです。

『あの娘、早くババアになればいいのに』という作品を撮りました頃安祐良と申します。僕も田辺に来るのは初めてだったんですけれども、梅こぶうどんおいしかったです。

今回のラジオのテーマは大きく2点、監督の自己紹介でも存分にお話いただいた気はしますが、まずは「田辺の印象」について監督に語っていただきました。

海がきれい、や食べ物がおいしいといった意見や、
味光路の路地や埋め込みの蛍光灯が珍しい。風情があるといった意見、
町全体で映画祭を盛り上げようとしているのが素晴らしいといった意見をいただきました。

次に「田辺で映画を撮るならどういった映画を制作するか?」というテーマでは、ゆるきゃらが大人気!たなべぇの中の人が地域活性化に奮闘する話や、佐近監督とサザンを歌った梅田みかこさん(仮名)が出演する映画など、いろんなアイデアが出ました。
『くらげくん』という映画を制作した片岡監督は紅クラゲとクラゲ博士に興味津々でした。
伊野監督は前日のシンポジウムでいつか『ハゲタカ』のような社会派を撮りたいと公言していた通り、田辺市市町村合併の裏側について撮ってみたい!とおっしゃっていました。
やっぱり、映画監督のみなさんのイマジネーションはすごいですね。
いつか入選監督のみなさんが田辺を舞台に映画を撮ってくれたら、とっても嬉しいですね。

映画祭の感想としては、やはり映画検定の合格者を審査員としていることを特色としてあげてくれる監督さんが多かったです。市民審査員や観客による審査もあり、多角的に審査してもらえるという意見もありました。
審査員のみなさんが細かい監督のこだわりまで見て質問してくれたり、映画を本当に愛するみなさんから感想をもらったりという時間は若手映画監督のみなさんにも貴重な機会となったようでした。
また、東京国際映画祭との連携や、テアトル新宿での上映を通して、映画祭期間だけでなく、終了後も終わらない映画祭として認識していただいており、実行委員会としても今後も引き続きがんばって活動しなければと実感いたしました。

今後も第7回 田辺・弁慶映画祭の入選監督のみなさんの今後を応援して参りますので、みなさんもぜひ、一緒に応援して下さい!!

事務局(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)


・第8回 田辺・弁慶映画祭開催告知!?
(2014年01月30日 17時40分55秒)
・第6回ちば映画祭にて田崎恵美監督の3作品上映!
(2014年01月08日 10時52分37秒)
・12/25毎日新聞(東京本社)夕刊に「田辺・弁慶映画祭」の文字!!
(2013年12月26日 08時34分11秒)
・『シミラー バット ディファレント』
(2013年12月16日 14時07分58秒)
・『乙女のレシピ』大阪公開舞台挨拶に大森監督がゲスト出演!
(2013年12月16日 13時48分23秒)
・福井映画祭
(2013年11月29日 14時36分03秒)
・ちちぶ映画祭
(2013年11月29日 14時21分10秒)
・『Heart Beat』上映情報
(2013年11月26日 16時57分07秒)
・『ジ、エクストリーム、スキヤキ』
(2013年11月22日 17時02分11秒)
・TAMA CINEMA FORUM 
(2013年11月20日 13時25分56秒)
・FM Tanabe 監督出演
(2013年11月18日 14時07分14秒)
・サーカス サーカス
(2013年11月15日 15時16分16秒)
・和歌山放送ラジオ 頃安監督&掛尾特別審査員長インタビュー
(2013年11月14日 10時34分09秒)
・和歌山放送ラジオ 『家族の風景』佐近圭太郎監督
(2013年11月07日 16時28分22秒)
・和歌山放送ラジオ 『あの娘、早くババアになればいいのに』頃安祐良監督
(2013年11月07日 16時26分59秒)
・和歌山放送ラジオ 『マイ・ツイート・メモリー』松本卓也監督
(2013年11月06日 11時44分59秒)
・和歌山放送ラジオ 『反駁』伊之沙紀監督
(2013年10月30日 17時23分22秒)
・和歌山放送ラジオ 『Dressing UP』 安川有果監督
(2013年10月24日 15時52分53秒)
・和歌山放送ラジオ 『ヒゲとりぼん』 片岡 翔監督
(2013年10月23日 11時51分43秒)
・和歌山放送ラジオ 『scratch』 永野義弘監督 
(2013年10月22日 17時36分52秒)