ブログ

2013年11月07日 16時28分22秒
和歌山放送ラジオ 『家族の風景』佐近圭太郎監督
さて、コンペティション監督のラジオ出演も最終になりました。
第7回 田辺・弁慶映画祭のトップバッターを切って上映致します『家族の風景』の佐近圭太郎監督の放送をレポートします。

Q.ストーリを教えてください。
A.家族の日常を描いた作品でして、大学を卒業して親元を離れて1人暮らしをしている息子が母親のけがをきっかけに久々に帰省することになって、口うるさい母親の相手をしたりだとか、酔った父親の介抱をしたりだとか、些細なことでけんかしたりの三日間がありまして、それでまた1人暮らしの家へと帰っていく。というお話です。

Q.主人公にすごい俳優さんが登場してましたね。池松壮亮さんには監督からオファーを出したんですか?
A.池松壮亮さんと日本大学の藝術学部映画学科監督コースの同級生でして、映画をともに学ぶクラスメートっていう感じです。
池松君の方も監督コースで卒業制作や仕事で忙しいかと思ったんですが、ダメ元でメールしたところ脚本を気に入ってくれて出てくれることになりました。

Q.映画の舞台のお家は電話帳の置き方やクッションの配置等生活観がとても出ていましたね。撮影協力佐近家とありましたが、ご実家ですか?あのままを描きたかったんですね?
A.そうですね。あのままの生活観とかにおいとかがセットではなかなか出せないと思うので、母親にも掃除しないでくれと頼んで撮影に臨みました。

Q.制作日数は?
A.企画から撮影、完成までを考えると大体半年です。撮影期間で言うと10日間位ですね。

Q.この作品は何作品目ですか?
A.2作品目です。

Q.ノミネートされた時のお気持ちは?
A.本当に嬉しかったですね。この映画祭に応募するのがギリギリになってしまって、締切前々日くらいに知ってばっと送ったので、どうなるのかと楽しみに待っていたんですが、いいお返事がもらえてすごくうれしかったです。

Q.監督の経験ですか?
A.基本的には僕の家族を題材にして、主人公も僕を投影していると思います。

Q.何故こういった映画を撮ったのですか?
A.この映画の前に2本企画したんですけど、うちの大学は中々教授から企画のOKが出ないと制作できなくて、もう何も描くことがない真っ白な状態になってもう自分に描けるのは半径1m.以内の話だと思って、唯一描ける家族を描いて企画したところ、今までより全然血が通っていていいな、よし撮ろうと言ってもらえて制作しました。

Q.映画を撮るよさとは?
A.映画を見ることで人生とか生き方とかを見つめなおすきっかけになると思うんです。そういうきっかけを作り出せるような映画を作りたいと思っています。その自分のイメージが絵になって音になって具現化されていくという工程が一番楽しいですね。

Q.みなさんにPRをどうぞ。
A.平日のお昼に上映なんですけど、この作品は1人暮らしの大学生とか主婦の方に見ていただきたいなという作品ですので、肩肘張らずに見に来ていただけたら嬉しいです。

きよちゃんもぜひ見てもらいたい映画の1つと語る『家族の風景』。
平日のお昼間ですが、家族を見つめなおすきっかけにぜひ見ていただきたいと思います。
明日の今頃にはコンペティション作品の上映が開始いたしております。
ぜひ、紀南文化会館に足をお運びください!!

事務局(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)


・第8回 田辺・弁慶映画祭開催告知!?
(2014年01月30日 17時40分55秒)
・第6回ちば映画祭にて田崎恵美監督の3作品上映!
(2014年01月08日 10時52分37秒)
・12/25毎日新聞(東京本社)夕刊に「田辺・弁慶映画祭」の文字!!
(2013年12月26日 08時34分11秒)
・『シミラー バット ディファレント』
(2013年12月16日 14時07分58秒)
・『乙女のレシピ』大阪公開舞台挨拶に大森監督がゲスト出演!
(2013年12月16日 13時48分23秒)
・福井映画祭
(2013年11月29日 14時36分03秒)
・ちちぶ映画祭
(2013年11月29日 14時21分10秒)
・『Heart Beat』上映情報
(2013年11月26日 16時57分07秒)
・『ジ、エクストリーム、スキヤキ』
(2013年11月22日 17時02分11秒)
・TAMA CINEMA FORUM 
(2013年11月20日 13時25分56秒)
・FM Tanabe 監督出演
(2013年11月18日 14時07分14秒)
・サーカス サーカス
(2013年11月15日 15時16分16秒)
・和歌山放送ラジオ 頃安監督&掛尾特別審査員長インタビュー
(2013年11月14日 10時34分09秒)
・和歌山放送ラジオ 『家族の風景』佐近圭太郎監督
(2013年11月07日 16時28分22秒)
・和歌山放送ラジオ 『あの娘、早くババアになればいいのに』頃安祐良監督
(2013年11月07日 16時26分59秒)
・和歌山放送ラジオ 『マイ・ツイート・メモリー』松本卓也監督
(2013年11月06日 11時44分59秒)
・和歌山放送ラジオ 『反駁』伊之沙紀監督
(2013年10月30日 17時23分22秒)
・和歌山放送ラジオ 『Dressing UP』 安川有果監督
(2013年10月24日 15時52分53秒)
・和歌山放送ラジオ 『ヒゲとりぼん』 片岡 翔監督
(2013年10月23日 11時51分43秒)
・和歌山放送ラジオ 『scratch』 永野義弘監督 
(2013年10月22日 17時36分52秒)