ブログ

2009年09月18日 17時20分40秒
田辺弁慶映画祭

東京国際映画祭http://www.tiff-jp.net/ja/の記者会見に招待していただいたのですが、何度も言いますように今年の田辺弁慶映画祭http://www.agara.co.jp/eigasai/は東京国際映画祭のパートナーシップイベントでありTIFFCOMはじめチェアマンの依田氏にご挨拶させていただきました
また普段からお世話になっている東京テアトルに東北新社、そしてわが映画祭のプログラミングデェレクターの掛尾さん会社でキネマ旬報社で打ち合わせをし最後に創通エージェンシーというガ○ダ○で有名な会社にご挨拶に寄らせていただきました

この映画祭も今年で3年試行錯誤の上いろいろやってまいりました継続は力なりと続けるのが肝心です
そのためには他にない映画祭のやり方でまた、田辺で上映されない映画を探し皆さんに観ていただけなければなりません
今年のオープニングの『南極料理人』は昨年、田辺弁慶映画祭のコンペ作品で市民審査賞を受賞された沖田監督が撮影したものでまさに凱旋作品です素晴らしい映画ですので是非観てください
どうかみなさま、よろしくおねがいします

まーくん(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2009年09月17日 20時14分34秒
「南極料理人」
難しいことは申しません。まさしく凱旋上映です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090914-00000012-flix-movi

このような大ヒットの中、栃木、岐阜、大分等の地方都市でも上映が決定。

私は茨木市のシネコンで見ました。老若男女さまざまな観客が笑顔を浮かべる秀作です。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2009年09月15日 17時24分14秒
波岡一喜さん
招待作品「ドロップ」の波岡さんも「〜ストロベリーフィールズ」出演者。
いかにも田辺にいそうなアンちゃんを演じていました。
http://ameblo.jp/namioka-kazuki/

「パッチギ!」で世に出たので、厳ついイメージがありますが、「Qさま!!」見たいなバラエティに出たり、「ライオン丸G」で少し変わったヒーローを演じたり、幅広くご活躍中。個人的には日本生命のCMで見せた優しい笑顔が忘れられません。

大阪府立高津高校卒。
織田作之助、マルセ太郎、黒田清、森村泰昌、梁石日という名だたるOBと肩を並べることを願っています。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2009年09月14日 20時18分52秒
谷村美月さん
いよいよ上映作品も発表されましたので、勝手に色々な形で見所をアップしていきたいなと思います。

まずは谷村美月さん。http://www.47news.jp/mitsuki/top.html

田辺市民には「海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ」の体操服姿がお馴染みですが、その後の活躍はご存知のとおり、今回も出演2作品が上映されます。

「サマーウォーズ(声の出演)」
「蟹工船」

Yahoo!映画で調べただけで、既に28作品に出演とのこと。ドラマやPVにも引っ張りだことなると、大女優への道を歩み始めているのかも知れません。

沖田修一監督の「南極料理人」だけでなく、谷村さんも凱旋上映と言っていいのではないでしょうか?

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2009年09月13日 22時23分10秒
SABU監督
招待作品「蟹工船」。

この時代改めて注目されている原作を、独自の世界観で描いたSABU監督は、何気に和歌山県出身です。

堤真一さんを映画俳優としてブレイクさせたのはこの人と言えるでしょうが、確かV6主演の作品も確か2作品撮っています。限定上映ということで、今や一般人の目に触れることはないのでしょうが、同県民のよしみでいつか田辺で見せてもらいたいところです。

背が高くて、性格俳優としての顔もあります。「そろばんずく」や「殺し屋1」などに出演しています。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2009年09月02日 21時59分47秒
「海角七号 君想う、国境の南」
http://www.kaikaku7.jp/

台湾映画なのですが、専門誌によると、昨年の上映以来、もはや本国では伝説になっているそうです。

ストーリーを聞いて以来、見たくて見たくて、なのに日本での試写は全部見逃してしまって、もう見られないのかと思っていたのですが、
とうとう来春日本での正式上映が決まりました。

どれくらいすごいかと言うと、昨年の台湾興行収入は「レッドクリフPARTT」の3倍、歴代でも「タイタニック」に次ぐ第2位(=本国映画では史上最高)。

日本統治時代と現代とが交錯する、笑いも涙もある作品とのこと。
アジア交流の意味も込めて、わが映画祭でも見たいものです。

今年はどんな作品が見られるのでしょう。招待もコンペも楽しみです。

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)
2009年09月01日 22時28分55秒
門司市民会館松永文庫
こんなニュースを見ました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000010-maip-soci
昨年の我が映画祭でも懐かしの邦画ポスターが飾られましたが、こうなるとさすがに桁が違います。

どなたか行かれた方はいませんかね?
この辺に縁のある方はいませんかね?

て言うか
何か貸してもらったり出来ませんかね?

れまほ(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)

・第8回 田辺・弁慶映画祭開催告知!?
(2014年01月30日 17時40分55秒)
・第6回ちば映画祭にて田崎恵美監督の3作品上映!
(2014年01月08日 10時52分37秒)
・12/25毎日新聞(東京本社)夕刊に「田辺・弁慶映画祭」の文字!!
(2013年12月26日 08時34分11秒)
・『シミラー バット ディファレント』
(2013年12月16日 14時07分58秒)
・『乙女のレシピ』大阪公開舞台挨拶に大森監督がゲスト出演!
(2013年12月16日 13時48分23秒)
・福井映画祭
(2013年11月29日 14時36分03秒)
・ちちぶ映画祭
(2013年11月29日 14時21分10秒)
・『Heart Beat』上映情報
(2013年11月26日 16時57分07秒)
・『ジ、エクストリーム、スキヤキ』
(2013年11月22日 17時02分11秒)
・TAMA CINEMA FORUM 
(2013年11月20日 13時25分56秒)
・FM Tanabe 監督出演
(2013年11月18日 14時07分14秒)
・サーカス サーカス
(2013年11月15日 15時16分16秒)
・和歌山放送ラジオ 頃安監督&掛尾特別審査員長インタビュー
(2013年11月14日 10時34分09秒)
・和歌山放送ラジオ 『家族の風景』佐近圭太郎監督
(2013年11月07日 16時28分22秒)
・和歌山放送ラジオ 『あの娘、早くババアになればいいのに』頃安祐良監督
(2013年11月07日 16時26分59秒)
・和歌山放送ラジオ 『マイ・ツイート・メモリー』松本卓也監督
(2013年11月06日 11時44分59秒)
・和歌山放送ラジオ 『反駁』伊之沙紀監督
(2013年10月30日 17時23分22秒)
・和歌山放送ラジオ 『Dressing UP』 安川有果監督
(2013年10月24日 15時52分53秒)
・和歌山放送ラジオ 『ヒゲとりぼん』 片岡 翔監督
(2013年10月23日 11時51分43秒)
・和歌山放送ラジオ 『scratch』 永野義弘監督 
(2013年10月22日 17時36分52秒)