AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

連続企画「小栗街道をゆく」

開催日時 2019年03月10日・04月07日・05月12日・06月09日・07月07日
詳細  熊野人倶楽部(浜田八洲男代表)の小栗会が企画、運営する連続企画「小栗街道をゆく」の3〜7月(6〜10回目)の行程が決まった。田辺市や上富田町の熊野古道と重なる所も多い。いずれも、参加者はガイドと各ポイントをバスや徒歩で巡る。
 連続企画は民間団体「小栗フォーラム熊野」や「産直市場よってって」を展開する「プラス」(本社・田辺市)が協力し、昨年9月に始まった。印南町から田辺市本宮町までの街道を15回に分けて巡り、今年で完結する予定。
 浜田さんによると、これまでは毎回、約50人が参加している。「15回すべてに参加したい」と意気込む人もおり、好評という。浜田さんは「単発の企画とは違う魅力があるのだろう」と話している。
 3月以降の日程は次の通り。バスの乗降場所はJR白浜駅(白浜町)▽Aコープアピア(上富田町)▽JR紀伊田辺駅(田辺市)から選べる。金額は参加費(昼食やガイド料、保険代など)。いずれも定員は30人前後。
 3月10日(3500円)秋津王子、須佐神社、善光寺、八上王子、田中神社など
 4月7日(3500円)大潟神社、救馬渓観音、珠簾神社など
 5月12日(4千円)住吉神社、滝尻王子、高原熊野神社など
 6月9日(4500円)箸折峠、近露王子、なかへち美術館など
 7月7日(4500円)野長瀬一族の墓所、近野神社、継桜王子など
 問い合わせは浜田さん(090・3160・9150)へ。


【カテゴリ:文化・趣味】
【カテゴリ:イベント・祭り】
【カテゴリ:その他】

404 Not Found

404 Not Found