AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

被爆ピアノで演奏会

開催日時 2017年09月09日 午後1時半から
開催場所 田辺市稲成町のわかやま市民生活協同組合「E*KAO(イーカオ)ホール田辺」
詳細  1945年8月6日に広島に投下された原子爆弾で被爆したピアノのコンサートが9月9日午後1時半から、田辺市稲成町のわかやま市民生活協同組合「E*KAO(イーカオ)ホール田辺」で開かれる。わかやま市民生協主催、無料。
 終戦から72年たち戦争を知らない人が増えている中で、被爆ピアノの音色を通して、子どもたちにも平和の尊さを考えてもらいたいとの思いから開催する。
 今回、演奏するのは「ミサコのピアノ」。爆心地から約1・8キロ離れた民家にあったもので、建物がコンクリート造りだったため焼失は免れたが、表面には無数のガラス片が刺さって傷だらけになり、音も出なくなった。所有者から譲り受けた広島市の調律師、矢川光則さんが修理し、「被爆ピアノ」として全国を巡り、平和の祈りを込めた音色を奏でている。
 当日はピアニストの梶田法子さんの演奏や、ピアノに合わせてソプラノ歌手の大島久美子さんが歌を披露する。矢川さんによる、被爆ピアノにまつわる話もある。
 生協組合員でなくても参加できる。申し込みは9月7日午後5時までだが、定員(先着100人)に達し次第締め切る。
 問い合わせ申し込みは、わかやま市民生協組合員サービスセンター(0570・00・5002)へ。


【カテゴリ:イベント・祭り】
【カテゴリ:その他】