AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

水環境を考える勉強会

開催日時 2018年06月02日 午後1時半から
開催場所 田辺市高雄1丁目の市民総合センター2階会議室
詳細  田辺市の市民団体「南紀田辺まちづくり研究会」(松下泰子会長)は6月2日午後1時半から、同市高雄1丁目の市民総合センター2階会議室で水環境を考える勉強会を開く。ワークショップ(研究集会)形式。先着30人で、参加者を募っている。無料。

 研究会は、田辺のまちづくりを考えようと市民有志で10年ほど前に結成し、毎月1回ペースで勉強会を開いている。水環境については4年ほど前から学習テーマにしている。これまで専門家などを招いて講義を受けてきたが、今回初めてワークショップで取り組む。本年度中にあと2回開く予定で、いずれも会員以外にも参加を呼び掛ける。

 勉強会のタイトルは「田辺の水環境を考える〜海に流れていく水はきれいなのか?」。市内を流れる会津川6カ所で採取した水の水質を、和歌山工業高等専門学校環境都市工学科の鶴巻峰夫教授の指導で調べ、田辺の水環境を考える。

 松下会長は「熊野古道の人気で、田辺市街地を訪れる観光客も増えてきた。将来にわたり世界に誇れる田辺を維持するため、私たちの足元をきちんと見つめ、水環境について考えましょう」と呼び掛けている。

 参加の申し込み、問い合わせは松下会長(090・1902・1666)へ。


【カテゴリ:講演・講習】
【カテゴリ:その他】