AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

マインドフルネス実践会

開催日時 2018年05月20日 午前10時〜午後5時
開催場所 上富田町市ノ瀬の興禅寺(だるま寺)
詳細  上富田町市ノ瀬の興禅寺(だるま寺)で20日午前10時〜午後5時、「マインドフルネス(健やかな気付き)の実践会IN興禅寺」がある。参加費は弁当代を含めて5千円(高校生以下半額)。申し込みは17日まで。

 実践会では、1926年にベトナム中部に生まれベトナム戦争に反対してフランスに亡命した禅僧ティク・ナット・ハンさんが設立した「プラム・ヴィレッジ」が提唱する瞑想方法が指導される。

 講師を務めるシスター・チャイ・ニェムさん=写真=は、マーラー室内管弦楽団のヴァイオリニストで活躍していたが、師の教えに感銘し日本人として初めて「プラム・ヴィレッジ」に出家した僧侶。実践会では、米カリフォルニア出身のシスター・ラン・ニェムさんと2人で指導する。

 4月から「プラム・ヴィレッジ」のメンバーが日本ツアーを開催している。シスター・チャイ・ニェムさんと古くからの知人である市ノ瀬の自営業、中松春賀さんが今回の実践会を主催する。

 実践会では法話、食べる瞑想、くつろぎの瞑想、歩く瞑想、お茶の瞑想、質疑応答がある。

 また19日午前8時半から、熊野古道で歩く瞑想を指導する。田辺市中辺路町近露の田辺市立熊野古道なかへち美術館前に集合する。

 イベントのフェイスブックページはhttps://m.facebook.com/darumadera/

 問い合わせと申し込みは中松さん(080・3819・2403)へ。


【カテゴリ:その他】