AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

新宮城跡を歴史探訪

開催日時 2018年02月04日 午後1時から
開催場所 新宮市
詳細  県文化財センターは2月4日午後1時から、新宮市の新宮城跡や周辺で「歩いて知るきのくに歴史探訪〜新宮城跡周辺の文化財を訪ねる」を開く。募集は40人で定員になり次第締め切る。無料。

 新宮城跡は、熊野川沿いの丹鶴山や周辺に築かれた平山城で、石垣などが良好に残っている。近世新宮の政治的、軍事的、経済的なシンボルとして、学術的に評価され、国の史跡に指定されている。昨年は「続日本100名城」にも選定された。

 この他、世界遺産の阿須賀神社や蓬莱山、国の重要文化財の旧西村家住宅、近年の発掘調査で重要な遺跡であることが判明しつつある新宮城下町遺跡などを訪ねる約3・2キロのコース。現地では、同センター職員や新宮市教育委員会の小林高太さん、日本城郭史学会の水島大二さんが説明する。

 問い合わせと申し込みは、同センター埋蔵文化財課(電話073・472・3710、ファクス073・474・2270、電子メールkanri−3@wabunse.or.jp)へ。


【カテゴリ:文化・趣味】
【カテゴリ:その他】