AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
2018年07月04日 11時41分06秒

職場体験2018.7.3(2)

僕は上富田中学校2年平岩晃生です。7月3日から7月5日までの3日間紀伊民報の職場体験をさせていただきました。
1日目は紀伊民報の紹介や新聞の工程を見ました。カメラを使い写真撮影などをしながら社内を一周しました。カメラ撮影が思っていたより結構難しく苦労しました。その後の取材練習で笑顔をねらって写真を撮るのも難しかったです。紀伊民報の人がその瞬間を撮るのがすごいと思いました。そして新聞を作る機械を見に行きました。思ったよりも音が大きくてびっくりしました。
そのあとの新聞の枚数を地域ごとに振り分ける機械もすごかったです。今日は見たこともない物を見れる貴重な体験ができてよかったです。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)
2018年07月03日 15時15分22秒

職場体験2018.7.3(1)

上富田中学校2年の上田 紘央です。僕は、7月3日から7月5日までの3日間、紀伊民報で職場体験をさせて頂くことになりました。
 1日目はまず、紀伊民報の紹介映像を見てから、案内してもらって社内見学を行いました。紀伊民報の新聞の製造工程や紀伊民報の歴史について学びました。紀伊民報は昔は「紀伊民報」ではなく、「紀伊新報」だった事が驚きでした。そして、新聞を作るときは今みたいにパソコンではなく手書きやはんこのような物で作っていたのがとても大変だなと思いました。昼からは名刺作りを行いました。学校では教えてくれないような名刺の作り方や広告の作り方などを教えて頂きました。新聞を発行する機械での新聞の発行を見学させて頂きました。機械なのでとても大きい音が出るのですごいと思いました。実際とても速い速度で新聞を発行していたのでそれもすごいと思いました。また、新聞を発行するときに発行した新聞を確認しながら発行していたし、発行する前は機械の手入れを行っていて本番の午後に向けて、万全の体制で挑んでいたことが素晴らしいと思いました。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)
2018年06月09日 11時54分21秒

職場体験2018.6.7(2)

田辺中学校3年 田野岡です。
僕は5日から7日の3日間紀伊民報で職場体験をさせていただきました。3日間の内容を紹介します。
1日目は、まず会社を紹介すろビデオを見て、社内見学をしました。ここで紀伊民報の歴史や部署の役割について学びました。次に記事の書き方を教わりました。作文などを書くときと違ったので難しかったです。昼からは名刺を作りました。普段とは違うパソコンの使い方だったので苦労しましたが親切に教えていただいたので良い名刺ができました。よかったです。
2日目は「たな梅」へ同級生の職場体験を取材しました。とても緊張しました。また、要点だけをメモするのが難しかったです。良い写真を撮るのにも苦労しました。ちょうど時間帯がよくてゴボウ巻きを焼いているところやゴボウに魚のすり身を巻いているところを見れてよかったです。昼から取材の記事を書きました。1日目にならった事を思い出しながら書きました。しかし、とても難しかったです。記者さんは大変なことが分りました。
3日目は紀伊ライフのアンケートの整理をしました。内容がユニークなものが多く楽しみながら整理をしました。昼からは新聞へのチラシの折り込み作業をしました。印刷したての新聞はしなっていてあつかいが大変でした。終わって手を見てみると真っ黒で驚きました。
一番印象に残ったのは、記事の書き方です。5W1Hや、逆三角形、大切なことを先に書く、記者の存在がないように書くなど学校では習わない文の書き方がとても印象に残りました。
この3日間特別なものを学べたと思います。長瀬さんありがとうございました。文の作り方など学校生活に生かせれるようにしたいです。3日間お世話になりました。紀伊民報の皆さん本当にありがとうございました。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)
2018年06月08日 09時07分45秒

職場体験2018.6.7(1)

田辺中学校3年の庄司です。
6月5日から7日までの間、紀伊民報で職場体験を行わせていただきました。新聞を作るという、多くの人に新しい情報を発信する仕事を見たり体験したいと思い、この職場を選びました。
1日目には、社内の見学をしました。紀伊民報は明治44年にできた会社らしく、大正時代から後の新聞が保管されていることに驚きました。一時期新聞を発行することができなくなった時期もあると話してくれました。とても歴史ある会社であることが分かりました。また新聞を印刷する様子を見学することもできました。とても精密な動きをする機械で発行していて、赤、黄、青、黒の4色を組み合わせて全ての色を再現していることに驚かされました。
2日目には、たな梅で、お店の人と、そこで職場体験として働いていた同級生へ取材をしました。実際にやってみるとなかなかうまくいきませんでしたが、実際に記事を書くための情報を聞くことができたので良かったと思います。それに、かまぼこの一種であるごぼう巻を作っているところも見せていただけたので勉強になりました。
3日目には、折り込み作業の手伝いを行いました。自分はなかなかうまくできないのに比べて、他の職員の方々は素早くチラシを折り込んでいたことに驚かされました。
僕たちが職場体験を行えたのは、たくさんの職場の協力があったからだと思います。3日という短い期間でしたが、さまざまなことを学べました。この職場を選んで良かったと思いました。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)
2018年05月18日 10時58分37秒

職場体験2018.5.17(2)

こんにちは 高雄中学校2年 鈴木聖梧です。
僕は、3日間紀伊民報で職業体験をしてとても大変な3日間でした。

初めて来たときは、不安で緊張していました。でも、社内見学をして新聞作りの工程に驚かされました。
特に、新聞に色をつける時の工程が印象に残りました。新聞につける色は藍、紅、黄、黒の4色を重ねて、いろんな色をつけていることを初めて知りました。
新聞の歴史にも印象が残りました。紀伊民報は明治から作り続けていることや戦争中の時、物資が少なくて紙の余りでできていることも初めて知りました。
取材では、聞きながら質問の答えを書く作業は、とても大変でした。
記事をまとめてパソコンに入れる作業は僕がパソコン慣れしていなかったので、1文字1文字入れるのは時間がかかりました。
でも、この3日間でとてもいい経験をしました。貴重な時間をありがとうございました。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)
2018年05月17日 15時33分57秒

職場体験2018.5.17(1)

高雄中学校2年の杉本です

僕は3日間紀伊民報で職場体験をさせていただきました。そんな僕の三日間をここで紹介したいと思います。
1日目        職場体験初日
この日はまず最初に紀伊民報のビデオを見ました。紀伊民報の事や新聞ができるまでの工程を動画でみました。その後社員さんに紀伊民報の社内の見学と各部署の説明をしていただきました。紀伊民報について少し深く知れたかなと思います。その後、新聞の書き方について学びました。普通の作文と違うので結構難しかったです。そして明日の取材で使う名刺を作りました。自分の名刺を作るのはとても楽しかったです。

2日目        消防本部の取材
この日は最初に今日の取材で聞く質問を考え、まとめました。
質問が完成するといよいよ取材です、僕たちは田辺消防本部に取材に行きました。
友達たちが消防の体験をしているのを取材しました。取材をするのは難しかったです。
その後取材のメモをまとめて記事を作りました。この日では終わらなかったので、また明日になりました。
そして、新聞紙にチラシをはさむ作業をしました。この作業はとてもしんどかったし疲れたけど終わった後にはすごい達成感がありました。

3日目        記事の完成
この日は朝から昨日の記事の続きをつくり、仕上げの確認をしました、これもやっぱり完成するとすごい達成感がありました。
その後見出しを自分でつけてみる体験をしました、しかし思っていたより難しかったです

紀伊民報全体をとうしての感想は、新聞を作るという事は緊張感も責任感も必要なんだなと思いました。1文字でも誤字脱字があると新聞は成り立たないからです。この「緊張感」と「責任感」の2つの要素があっての「新聞」なんだなと思いました。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)
2017年11月18日 16時04分00秒

職場体験2017.11.18(2)

熊野高校2年 峯上です。
 私は2日間紀伊民報で職場体験をさせていただいて新聞が出来上がるまでの工程を知ることができました。昔の新聞は、活字と呼ばれるはんこみたいものを1つずつ丁寧に並べて印刷をしていました。でも今はコンピュータで全ての作業をしています。昔の新聞を見ると手作業で作った感じがしてすごいなと思いました。紀伊新報から紀伊民報に改定されるまでに、戦争のために紙がなくなり、1度廃刊されたこともあって今の紀伊民報になるまでにいろんな歴史があることも知りました。私がいちばん驚いたことは、写真の色を細かく調整していることです。ただの白黒写真に見えても、昼間に撮影したのか夜に撮影したのかがわかるようにちょっとずつ変えています。自分が知らなかったことだったので興味を持ちました。
 1日目に初めて取材に行かせてもらいました。何を聞いたらいい記事が出来るかなと考えながらの作業はとても大変でした。初めての体験だったので緊張しました。事前に質問を用意して、思ってもいなかった答えが返ってくるときがいちばん楽しくて記者の仕事のいいところだなと思いました。記者の仕事の大変なところは、質問してその答えを聞きながらメモを取るところです。そのメモを参考にして実際に紀伊民報に載せていただく記事の作成も自分たちでしました。紀伊民報の人たちが書いた記事を見ながらでも自分で文にするのが難しかったです。でもいい感じに出来上がったと思うのではやく新聞に載った自分の記事を家で見てみたいです。
 私は家で毎日のように紀伊民報を読ませてもらっています。2日間紀伊民報で職場体験をさせていただいて新聞のことを詳しく知ることができました。いつもは何気なく新聞を読んでいたけど、これからは見出しとかにも気を使って読んでいきたいです。毎日、新聞を読むのを楽しみにしています。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)
2017年11月17日 16時25分23秒

職場体験2017.11.17(1)

熊野高校2年 川畑です。
最初紀伊民報を選んだ理由は、新聞がどんな工程でどのようにして作られているのか気になり、今回紀伊民報を選びました。新聞についての詳しい内容があまり分からず戸惑うところもありましたが長瀬さんや他の社員の方々のおかげでこの二日間たくさん得られるものを得られたと思います。
一日目は午前中にDVD鑑賞をし、だいたいの内容や流れが分かった時点で次に詳しい話を聞くために長瀬さんからいろいろと教えていただきました。
社内の中を見学し、最初にすごいと思ったのがいままでの大正からずっと並べていた新聞をみて驚きました。紀伊民報は最初紀伊新報という名前で新聞が並べられたところをよく見ると途中で切れていたり他の新聞と比べると、長さが短いものだったりと置いてありました。その原因はちょうどその時戦争中であり紙がなかったと聞いて理解しました。戦争中で紙がなくなり新聞が書けなくなるということは知らなかったので良い機会になりました。昔の新聞は一文字一文字をはんこの活字というもので丁寧に打っていたと聞きすごく大変な作業をよく毎日続けてこられたと思いました。
紀伊民報は印刷し終わった新聞に一枚一枚手作業でチラシを折り込んでいることは大変だと思いました。限られている時間の中で大変な作業をこなすには集中力も相当いるだろうし普段普通に呼んでいる新聞でも一枚をこんな丁寧に作っているとおもえばもっと新聞の中身をきっちり読もう、読んでみようという気持ちになります。
広告のことについて一番印象に残ったのがいろいろ考えて文字を選ばないといけなかったり、特に不動産会社の広告はプロの人でも苦戦するものがあると聞き、きまりがある中で考えていくのはすごいと思いました。
昼からは酒のダイナミックに自分たちで考えた文章をもとにしてインタビューをしました。尋ねる前は結構緊張していたが相手の方も優しく安心して聞く内容を聞けたと思います。でも答えてくださった内容をメモすることは大変でしたが楽しむことが出来ました。
二日目では一日目にインタビューした内容を記事にしました。初めて新聞の記事を書いたので何から書いていけばと不安もあったけれどやってみてよかったと思いました。自分に足りないものや新聞について知らないことをたくさん知れてとても良い経験になったと思います。これからもっと新聞に興味をもってたくさん読んでいきたいです。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)
2017年11月10日 08時49分31秒

職場体験2017.11.9(2)

明洋中学校2年 川嶋里佳   職場体験の感想
職場体験1日目
初日ということもあり、とても緊張しました。
最初にビデオをみせてもらい、社内の案内をしてもらいました。
新聞を作る機械を見せてもらってからその機械の仕組みも教えてくれました。
その後、3日目に記事を書くということで、もらったプリントに書いていた
文を記事の書き方に直して記事を書く練習をしました。練習とはいえ、とても
難しかったです。1日目の最後はパソコンで名刺作りをしました。いろいろな
機能があって、文字の種類や形、色などたくさんありました。自分が満足できる
名刺ができました。
職場体験2日目
私たちと同じで職場体験に行っている友達に取材をしました。取材と聞くと
「かっこいいな」と思っていました。でも、実際してみるととても緊張してそれ所
ではなくカチカチになりました。それでも無事に取材が終わり、ホッとしました。
職場に戻ってから取材で聞いたインタビューを参考に記事を書きました。
練習でしたけど、やっぱり難しくて止まってしまったこともありました。
2日目は記事を書いている途中で終わりました。
職場体験3日目
2日目の続きをしました。できた記事を担当の長瀬さんに見せて文で間違ってる
ところを書いてもらい、何回か記事を直しました。
忙しい中、いろいろと迷惑をかけてしまったところもあったと思います。
それでも普段体験できない貴重なじかんを過ごせてとてもよかったと思います。
3日間という短い期間で貴重な経験をさせていただき、本当にありがとう
ございました。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)
2017年11月09日 16時38分55秒

職場体験2017.11.9(1)

明洋中学校2年の中田久美子です。この11月7日から9日まで職場体験をさせてもらいました。職員のみなさんはとても親切で、とても嬉しかったです。この3日間は貴重な体験をしました。日が過ぎていくのがはやく、今日はもう最終日です。この3日間を振り返ります。
           1日目
最初にビデオをみて、社内見学をしました。
たくさんの本があって「紀伊民報」は昔から親しまれていることが分かりました。いろいろな部署があって、役目に分かれていることが分かりました。新聞の記事に書き換えるのがとても難しかったです。そして、2日目に使う名刺を作りました。初めてあのパソコンを使いました。出来上がるのがとても楽しみにまっていました。
            2日目
友達がいる長生き屋商店に取材に行きました。とても緊張しました。終わると「もう少し聞いとけばよかった」と後悔も少しありました。帰ってきて、文の構成を考えました。そして、記事を書こうとしたらとても難しかったです。ずっと考えていたら時間がきてしまったので、あまりできなかったです。
            3日目
昨日の続きで記事を書きました。その後、何回か直しました。見出しを考えました。とてもむずかしかったです。候補は出来ても、なかなかいいのができなくって、頭が混乱しました。
紀伊民報に来て毎日が驚きしかありませんでした。とても楽しい3日間でした。 ありがとうございました。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)


・知らないと損をする時代
(2018年11月14日 09時16分22秒)
・ボヘミアーン
(2018年11月13日 15時06分01秒)
・そりゃ負けるわ
(2018年11月12日 17時57分25秒)
・おいしかったものを振り返る
(2018年11月10日 16時51分05秒)
・六甲へ行ってきました
(2018年11月09日 14時16分46秒)
・コラボお菓子
(2018年11月07日 16時19分08秒)
・ナッちゃん
(2018年11月06日 15時22分34秒)
・あの頃はまだ…
(2018年11月05日 18時39分51秒)
・エリザベス女王杯
(2018年11月03日 16時53分57秒)
・地震
(2018年11月02日 18時27分18秒)
・あくまのおにぎり
(2018年11月01日 17時01分22秒)
・可愛くておもしろい。
(2018年10月31日 20時41分53秒)
・うるおいが欲しい〜
(2018年10月30日 14時54分53秒)
・海を眺めながらケーキ
(2018年10月29日 19時41分13秒)
・10歳の誕生日
(2018年10月27日 12時29分14秒)
・スマホ
(2018年10月26日 15時19分06秒)
・初挑戦カヤックアドベンチャー
(2018年10月25日 17時56分46秒)
・BANANAのカステラ
(2018年10月24日 20時41分50秒)
・アサギマダラ
(2018年10月23日 13時07分49秒)
・じごくのそうべえ
(2018年10月22日 19時23分14秒)