AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
2018年06月23日 16時29分44秒

ビッグバン・ベイダー

6月18日、プロレスラー『ビッグバン・ベイダー』が
63歳という若さで亡くなったというニュースを見ました

プロレスがテレビのゴールデンタイムで放送されていた1987年
ビートたけし率いるTPG(たけしプロレス軍団)が連れてきた
謎の外国人選手がベイダーでした

新日本プロレスのリングに、たけし軍団とベイダーが上がり
アントニオ猪木に挑戦状を叩き付ける

会場のお客さんは芸人がリングに上がることに嫌悪感を示し
大ブーイングの中、急遽行われたベイダーvs猪木のシングルマッチ

身長190cm、体重170kgの巨体から繰り出される攻撃に
あの猪木がなすすべなくフォール負け

長州力と試合した直後の連戦だったので
万全なコンティションではなかったとはいえ
あの猪木が何もできないまま秒殺されるという結果に
子どもだった僕はテレビの前で凄い衝撃を受けたのを
今でもはっきりと憶えています

強烈なデビュー戦を果たしたベイダーですが
その後、全日の「三冠ヘビー級王座」と
新日の「IWGPヘビー級王座」の両タイトルを獲得
両団体のベルトを巻いた唯一の外国人レスラーという
凄い記録を打ち立てるほどの実力派

巨体を活かしたパワー殺法はもとより
170kgもあるのにドロップキックや
トップロープからのダイブなど
空中技も繰り出すという身体能力の高さは凄いの一言

1996年、猪木引退カウントダウンでの試合では
当時53歳だった猪木に対して
投げっぱなしジャーマンなど容赦ない攻撃に加え
満身創痍の猪木にトップロープからの
ムーンサルトプレスをくらわせるというえげつなさ
「引退前に猪木死ぬで」と思ったくらいの激しい試合は
僕の中でプロレス史に残る名勝負の1つです


そんなベイダーも2016年に心臓の病気だと判明し
医師から余命2年の宣告を受けていたそうです

それでも、昨年4月には日本で試合をしていて
まだまだ健在だというアピールをしていたのですが
プロレス界に強烈なインパクトを残したまま
最後までベイダーとしてその生涯を終えました

偉大な選手のご冥福をお祈りします…

K'(SNSみかんニックネーム)|コメント(SNSみかん)


みかん(みんなのかわらばん)


・『What3Words』
(2018年07月20日 14時53分28秒)
・虫
(2018年07月19日 18時02分30秒)
・皆こんなんやろなぁ
(2018年07月18日 19時27分23秒)
・今年はマイシュノーケル
(2018年07月17日 17時26分23秒)
・ZOZOスーツきたーーーーっ!!
(2018年07月16日 17時43分35秒)
・そうめんの盛りつけ方
(2018年07月14日 15時59分32秒)
・第100回 全国高校野球選手権 和歌山大会
(2018年07月13日 16時13分56秒)
・炭水化物
(2018年07月12日 10時08分50秒)
・滝の拝とご当地ピザ
(2018年07月11日 17時18分11秒)
・とろけるカオスープ
(2018年07月10日 17時34分43秒)
・プルコギ最高
(2018年07月09日 17時41分55秒)
・メッチャ熱いやん
(2018年07月07日 15時06分50秒)
・給食とリンク
(2018年07月06日 16時46分03秒)
・密と雪
(2018年07月05日 16時57分43秒)
・職場体験2018.7.3(2)
(2018年07月04日 11時41分06秒)
・職場体験2018.7.3(1)
(2018年07月03日 15時15分22秒)
・うな次郎
(2018年07月02日 16時12分47秒)
・ZOZOスーツその後
(2018年06月30日 16時20分06秒)
・勇気は必要ない
(2018年06月29日 13時45分03秒)
・テレビ
(2018年06月28日 18時45分24秒)