AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
2017年11月17日 16時25分23秒

職場体験2017.11.17(1)

熊野高校2年 川畑です。
最初紀伊民報を選んだ理由は、新聞がどんな工程でどのようにして作られているのか気になり、今回紀伊民報を選びました。新聞についての詳しい内容があまり分からず戸惑うところもありましたが長瀬さんや他の社員の方々のおかげでこの二日間たくさん得られるものを得られたと思います。
一日目は午前中にDVD鑑賞をし、だいたいの内容や流れが分かった時点で次に詳しい話を聞くために長瀬さんからいろいろと教えていただきました。
社内の中を見学し、最初にすごいと思ったのがいままでの大正からずっと並べていた新聞をみて驚きました。紀伊民報は最初紀伊新報という名前で新聞が並べられたところをよく見ると途中で切れていたり他の新聞と比べると、長さが短いものだったりと置いてありました。その原因はちょうどその時戦争中であり紙がなかったと聞いて理解しました。戦争中で紙がなくなり新聞が書けなくなるということは知らなかったので良い機会になりました。昔の新聞は一文字一文字をはんこの活字というもので丁寧に打っていたと聞きすごく大変な作業をよく毎日続けてこられたと思いました。
紀伊民報は印刷し終わった新聞に一枚一枚手作業でチラシを折り込んでいることは大変だと思いました。限られている時間の中で大変な作業をこなすには集中力も相当いるだろうし普段普通に呼んでいる新聞でも一枚をこんな丁寧に作っているとおもえばもっと新聞の中身をきっちり読もう、読んでみようという気持ちになります。
広告のことについて一番印象に残ったのがいろいろ考えて文字を選ばないといけなかったり、特に不動産会社の広告はプロの人でも苦戦するものがあると聞き、きまりがある中で考えていくのはすごいと思いました。
昼からは酒のダイナミックに自分たちで考えた文章をもとにしてインタビューをしました。尋ねる前は結構緊張していたが相手の方も優しく安心して聞く内容を聞けたと思います。でも答えてくださった内容をメモすることは大変でしたが楽しむことが出来ました。
二日目では一日目にインタビューした内容を記事にしました。初めて新聞の記事を書いたので何から書いていけばと不安もあったけれどやってみてよかったと思いました。自分に足りないものや新聞について知らないことをたくさん知れてとても良い経験になったと思います。これからもっと新聞に興味をもってたくさん読んでいきたいです。

ゲスト(KiiLife)(SNSみかんニックネーム)


みかん(みんなのかわらばん)


・夏休みの〆にね
(2018年08月16日 17時14分01秒)
・ゴールドキウイのアイス
(2018年08月14日 15時27分14秒)
・ざんねんないきもの事典
(2018年08月13日 13時52分00秒)
・日頃の行い
(2018年08月11日 10時17分55秒)
・今年の西日対策
(2018年08月10日 17時10分37秒)
・原木どんこ
(2018年08月09日 15時49分19秒)
・GET!
(2018年08月08日 17時22分55秒)
・小玉スイカ
(2018年08月07日 15時48分16秒)
・覚悟を決め提出。
(2018年08月06日 15時26分04秒)
・くみ上げポンプで水まき
(2018年08月04日 12時31分49秒)
・果汁50%のアイス
(2018年08月03日 16時04分14秒)
・それぞれの悩み
(2018年08月02日 12時15分42秒)
・オーニングテントの張替え
(2018年08月01日 16時10分10秒)
・北海道、旅の思い出
(2018年07月31日 14時37分35秒)
・イルカファイナル!
(2018年07月30日 19時13分44秒)
・早めの対策が必要
(2018年07月28日 16時37分38秒)
・砂漠のオアシス
(2018年07月27日 16時04分55秒)
・連日の猛暑
(2018年07月26日 15時39分40秒)
・夏の釣りは苦行です
(2018年07月25日 10時50分11秒)
・10インチタブレット
(2018年07月24日 15時42分37秒)