AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
紀伊南の交流広場みかん
みんなのかわらばん
みかんとは…
みかん(みんなのかわらばん)は、和歌山県田辺市に本社を置く地方新聞社、紀伊民報が運営する会員制の地域SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。地域のコミュニケーションツールとして開設しました。登録は無料です。
SNSというと一見、使い方が難しそうに見えますが、基本は日記、掲示板、電子メールを組み合わせたシンプルな構成です。利用者の皆さんの工夫しだいで、気のあった仲間との情報交換や趣味のサークルの会員管理など、さまざまな使い方ができます。ルール(利用規約参照)を守って楽しく使いこなしてください。
みかんで出来ること
「みかん」は、地域生活を豊かにするためのコミュニケーション・ツールですが、登録するだけでは何も始まりません。次に紹介する機能を使って積極的に自分をPRしたり、友達の輪を広げたり、コミュニティに参加したりしてください。

◇基本機能
日記…日記を書いて公開することができます。公開範囲は自分で設定できます。
レビュー…書籍やCDなどのレビューを書くことができます。
コミュニティ…趣味や地域団体、生活に関連したコミュニティに参加できます。また、自分でコミュニティを主宰することができます。
友達…「みかん」にあなたの友達を誘うことができます。また、「みかん」の中で新しい友達を作ることができます。

◇応用機能
コミュニティの利用…コミュニティは、参加条件(誰でも参加or管理者の承認が必要)と公開範囲(全員に公開orメンバーのみに公開)の設定により、さまざまな使い方ができます。イベントを例に挙げると、イベントそのもののコミュニティは、事前の広報やイベントを盛り上げるために参加自由で公開、実行委員会の打ち合わせはメンバーを実行委員に限り非公開、といった使い方です。また、スポーツや趣味の団体など既に会員がいる団体では、日常の交流や打ち合わせのほか、一斉メール機能を使った会員への案内告知などもできます。目的に合わせて、いろいろな利用方法を工夫してください。
みかんの使い方
「みかん」のツールバーには18種類のメニューがあります。

【メンバー検索】
「みかん」に参加しているメンバーを、条件を設定して検索することができます。条件を入れなければ、全メンバーが表示されます。

【コミュニティ検索】
興味のあるコミュニティを探すことができます。また、自分でコミュニティを新設することもできます。

【レビュー検索】
キーワードやカテゴリーから、読みたいレビューを探します。

【マイホーム】
あなたのページを開きます。

【友達を誘う】
あなたの友人を「みかん」に招待してください。

【最新日記】
「みかん」の中で書かれた最新の日記が一覧表示されます。気になる日記の全文を読むことができるほか、コメントを付けることもできます。友達づくりのきっかけにしましょう。

【ランキング】
「アクセス数No1メンバー」や「盛り上がり度No1コミュニティ」といったデータを表示します。

【設定変更】
メールアドレスやパスワードの変更など、基本的な登録情報を変更することができます。

【ログアウト】
「みかん」から退出します。

【ホーム】
あなた自身のトップページです。

【マイフレンド】
友達の一覧が表示されます。リストをクリックすると、友達のページが開き、日記を読んだり、メッセージを送ったりできます。

【日記】
日々の出来事やあなたのメッセージを日記に書くことができます。日記を読んだ人からコメントが付くこともあります。

【メッセージ】
あなたに届いたメッセージ(電子メール)を読むことができます。

【あしあと】
あなたのページを訪れた人の記録が残ります。「あしあと」をたどることで、コミュニケーションを活発にしたり、新しい友達をつくったりすることができます。

【お気に入り】
仲の良いマイフレンドのページを登録することができます。

【レビュー】
本や音楽、ゲームなどの感想を書いたり、誰かが書いたレビューを読んだりすることができます。

【マイページ登録】
他のメンバーからあなたのページがどのように見えるかを表示します。

【プロフィール変更】
自分のプロフィールや自己紹介文、写真を編集したり、それぞれの情報の公開の範囲を設定したりします。
応用編
コミュニティに参加しよう
コミュニティは、共通の趣味や目的を持ったメンバーが集う広場です。「みかん」では趣味の集まりだけでなく、グループ活動やスポーツ活動の連絡用や子育て支援など社会活動を応援するツールとしての利用を推奨しています。

(1)コミュニティを探す
コミュニティ検索で、希望のコミュニティを探してください。
(2)コミュニティをチェックする
一覧から希望するコミュニティが見つかったら、「詳細」をクリックしてください。そのコミュニティの主旨や概要、管理者のプロフィルなどを見ることができます。
(3)公開と非公開
コミュニティには、公開のコミュニティと非公開のコミュニティがあります。非公開のコミュニティに参加するは管理者の承認が必要です。
(4)参加の手続き
コミュニティのページ上部にある「コミュニティに参加する」という青い文字か、ツールバーの「コミュニティに参加」のメニューをクリックすると、参加の意思を確認するボタンが表示されます。公開のコミュニティは、「参加する」のボタンを押すだけですぐにメンバーになれます。
(5)承認待ち
非公開のコミュニティに参加するためには管理者の「承認」が必要です。「参加」を申し込んで、承認が得られると通知が届きます。
(6)退会
コミュニティの退会は「退会」のボタンを押すだけ。好みに合わないコミュニティはすぐに抜けることができるので、積極的にいろいろなコミュニティに参加してみましょう。
(7)トピックス(掲示板)をつくろう
コミュニティ内のトピックスは、管理者しか作成できないように設定している場合もありますが、多くは参加者が自由につくれるようになっています。自分の興味がある話題があった時には、積極的にトピックスを作成してみましょう。
コミュビティを作ろう
(1)コミュニティの作成
あなたの好みや目的にあったコミュニティがない場合、自分でコミュニティをつくりましょう。「コミュニティ検索」のトップページから「新規作成」に進んでください。コミュニティの名前を決めて参加条件を設定し、案内文を書けば新しいコミュニティが誕生です。あなたからたくさんの仲間を誘ってください。
(2)コミュニティの運営
コミュニティをつくったら、積極的に運営しましょう。コミュニティが楽しいものになるかどうかは、管理者の積極性にかかっています。トピックス(掲示板)を作成して話題を提供するのはもちろん、メンバーの書き込みに1つ1つコメントを書いたりするのも管理者の大切な役割です。
(3)副管理者の指名
気の合う仲間といっしょにコミュニティを運営したい場合には、副管理者を指名することができます。「メンバー管理」でメンバーの一覧を呼び出し、「副管理者に指名する」をクリックすれば「要請メッセージ」を送ることができます。
マイフレンドを増やそう
SNSは実社会といっしょで、自分から積極的に働きかけなければ友達を増やすことができません。

(1)知り合いを捜す
「みかん」には、さまざまな人が参加しています。メンバー検索やコミュニティ検索でまず、友人や知人がいなか、捜してみましょう。プロフィルだけではっきり分からなくても、日記に手がかりがあったりします。
(2)「友達の友達」は友達
友達を見つけたら、その友達の「マイフレンド」にさらに友達がいないか、プロフィルや日記を読んでみましょう。
(3)マイフレンドリストへの追加方法
友人・知人や、マイフレンドにしたい人を見つけたら、まず相手のページを表示させます。次にメニューから「マイフレンドに追加」をクリックして、あいさつのメールを送ってください。マイフレンドへの追加を認めるか認めないかは相手側が決定します。
(4)承認を求められたら
あなたにマイフレンド要請があると、マイページのインフォメーション欄に「承認待ちのメンバーがいます」という告知が表示されます。「承認・拒否」の文字をクリックすると、承認か拒否を選択する画面に移ります。相手のプロフィルやメッセージをよく読んで、マイフレンドに加えるか拒否するかを慎重に判断してください。承認を求められたからといって、必ずマイフレンドに加えなければならないということはありません。
携帯電話での利用
「みかん」を携帯電話で利用できるように設定すると、外出先でメッセージやコミュニティの書き込みをチェックして返信したり、携帯で日記を書いたりできるようになります。携帯で「みかん」の主な機能が利用できるのでとても便利です。

(1)設定方法
「マイホーム」のメニューから「設定変更」のページを開いてください。ここから「携帯メールアドレス設定ページ」へ進んでアドレスを登録すると、携帯での利用が可能になります。
(2)メール受信
携帯での利用を設定すると、あなたあてのメッセージやコミュニティの書き込みを携帯メールで受信することが可能になります。利用状況に合わせて設定してください。
外部ブログとの連携
外部でブログを書いている場合、ブログの更新情報を「マイホーム」に表示したり、マイフレンドに知らせたりできます。「設定変更」のページを開き、ブログのURLを記入してください。
写真のリサイズ
「みかん」で掲載できる写真のサイズは300KB(キロバイト)以内です。携帯電話で撮影した写真ならほとんどそのまま利用できますが、デジタルカメラの画像はデータサイズが大きいので、リサイズが必要になります。カメラによっては、撮影済みの画像から縮小(リサイズ)した画像を新たに生成する機能を備えているものもありますが、パソコンでは、リサイズ用のフリーソフトを使うのが便利です。「リサイズ、フリーソフト」といったキーワードで検索し、使い勝手も良さそうなフリーソフトを入手してください。また、グーグルが提供している無料の画像管理ソフト「ピカサ」にもリサイズ機能があり、便利です。